エアコン取付工事・オール電化・家電工事タースエンジニアリング株式会社ロゴタースエンジニアリング株式会社

社会貢献活動make a social contribution

TRS  Make a Social Contribution

弊社が活動理念に賛同し、参加している環境問題の取り組みをはじめとした社会貢献活動をご紹介します

SDGs グリーンボールプロジェクト

SDGs

SDGsとは

弊社は持続可能な開発目標であるSDGsの理念に賛同し、活動をしております。

エネルギーをみんなに そしてクリーンに つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を

日常生活から切り離す事のできない生活家電を扱う空調のエキスパートとして、家電リサイクル法に基づいた適切な処理を行い環境問題の社会課題に取り組んで参ります。

働きがいも経済成長も パートナーシップで目標を達成しよう

現在確立している300社を超える協力会社様とのネットワークを活かし、協力会社様と共に働きがいや業界の成長及び経済成長の目標達成を目指して参ります。

住み続けられるまちづくりを すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに

夏の生活必需品と言えるエアコンも取り扱う事業者として快適な空間を提供する事で住み続けられるまちづくりを目指して参ります。また、関節的ではありますが快適な空間を作る事で、人々の健康と快適な教育環境作りも行って参ります。

グリーンボールプロジェクト

グリーンボールプロジェクト
公式サイト

弊社は家電リサイクル法に基づいて適正に処分しております。

家庭から排出される廃棄物は基本的には各市区町村が収集し、処理を行ってきました。しかし、粗大ゴミの中には大型で重く、また非常に固い部品が含まれているために粗大ゴミ処理施設での処理が困難なものが多く、有用な資源が多くあるにもかかわらず、リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にあります。

そこで廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された法律が『特定家庭用機器再商品化法(以下、家電リサイクル法)』です。

1998年(平成10年)5月に国会で成立し、同年6月に公布され、2001年(平成13年)4月1日より本格施行されました。

この法律では、エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機の4品目が特定家庭用機器として指定され、小売業者は「排出者からの引取りと製造業者等への引渡し」、製造業者等は「引取りとリサイクル(再商品化等)」といった役割をそれぞれが分担し、リサイクルを推進することが義務づけられています。また、その際に引取りを求めた排出者は小売業者や製造業者等からの求めに応じ、料金を支払うことになっています。

COMPANY企業情報

タースエンジニアリングの企業情報や沿革を掲載しています

CLIENTクライアント紹介

弊社の取引先一覧を掲載しています

Message代表挨拶

タースエンジニアリング株式会社代表取締役山田淳三からのご挨拶を掲載しています

お問い合わせCONTACT

電話窓口

0120-952-033

受付時間:9:00 ~ 18:00(土日祝除く)

メールフォーム

協力会社募集中
詳しくはこちら